中国でのTOEIC(R)受験

TOEIC(R)を受験してきました。

990toeic.com勉強会で使用した資料の一部

詳細な報告は990toeic.com勉強会にて報告させていただこうと思いますが、備忘録を。

  • 申込期限は試験日の約一か月前。成績発表は試験日の2週間後。
  • 受験票をダウンロードできるまで試験時間がわからない。その受験票をダウンロードできるのが試験日の一週間前(試験日の予定が立たない)。
  • 支払いは支付宝OK
  • 試験会場は北京語源大学の教2楼。最寄り駅は五道口。
  • 8:30開場、9:00試験開始。
  • 受付はかなり厳しめ。試験会場入場の際に身分証と顔写真を一人ずつ撮影される。
  • シャーペンはNG。筆記用具の貸出なし。
  • 鉛筆と消しゴム以外の持ち込み禁止。当然スマホの持ち込みも禁止。透明ビニールの筆箱ですら持ち込めなかったのには驚いた。
  • 国コードや言語コードはプロジェクターで映し出される。中国人の他に日本人と韓国人が受験していた模様。
  • 身分証を持たない外国人はIDENTIFICATION NUMBERの欄の記入に迷う。当日の試験官に聞いたところ、パスポート番号の最初の二つの英文字を除いた数字を記載しろ、とのことだがこれが正しいのかどうか不明。
  • ナレーションは当然中国語。

試験場所の語言大学教二楼。

会場前のポスター

第1回TOEIC(R)勉強会無事成功!

【概要】

日時:2017年10月某土曜日 15:00-17:00
場所:蕎麦人
参加者:9名
協賛等:TOKOTOKOとの共同企画

【勉強会内容】

(1)TOEIC(R)概要
(2)TOEIC(R)事前勉強
(3)TOEIC(R)試験当日対策
<休憩>
(4)TOEIC(R)パート別演習
※終了後、希望者のみで食事会

北京フリーペーパーTOKOTOKOとの共同企画で、第1回TOEIC(R)勉強会を開催させていただきました。初開催にも関らず9名もの参加者に来ていただき、にぎやかな勉強会となりました。

前半部分ではTOEIC(R)の概要説明に加え、990toeic.com推薦の試験対策(非公開)を紹介させていただきました。この方法はTOEIC(R)だけに限らずあらゆる資格対策に応用可能だと考えています。ご参加の皆さんから「この秘伝の試験対策を実際に勉強会の中で自分自身でやってみたい」とのご要望が多数ありましたので、次回以降の勉強会では各自ご自身の手を動かすスタイルにしたいと思います。

また後半部分では参加者全員でパート別の演習を行いました。周囲からのプレッシャー(ピアプレッシャー)を感じることにより、一人で勉強するよりも真剣に取り組めると考えたからです。とは言え、「気恥ずかしい」というご意見もありましたので、次回以降の勉強会では周囲のプレッシャーを微妙に感じながらも不快感を感じない形に改善したいと思っております。

勉強会終了後は、会場の蕎麦人さんの部屋を代えて食事会を開催いたしました。蕎麦人さんの美味しい料理に加えて様々なバックグラウンドを持つ参加者による情報交換(おしゃべり)で大いに盛り上がりました。参加者の一人にアタック25の2011年年間チャンピオンの方がいらっしゃるなど、尽きない話題で勉強会よりも活発な情報交換がなされました(笑)。

第一回だったということもあり改善すべき点は散見されましたが、参加していただいた方に「次も参加したい」との嬉しいコメントをいただきました。参加していただく皆さんが「今日は無駄な一日ではなかった」と思えるような内容・企画を考えますので、奮ってのご参加、お待ちしています!

990toeic.com秘伝の試験対策(非公開)の説明

990toeic.comの推薦図書も紹介させていただきました。

勉強会終了後の食事会も大いに盛り上がりました!

2011年度のアタック25の年間チャンピオンの方と「アタックチャンス!」のポーズで記念撮影。